住宅ローンの資金繰りに関する相談

マイホームの資金繰りの役立つのは住宅ローンです。
申し込みは銀行、または信用金庫から行うのが一般的です。
ローン申請の際は、むこうから提示されるいろいろな資料を用意する必要がありますね! 35年という長い期間、多額の現金を貸す訳なので銀行の方も、年収・勤続年数にこだわり審査をします。
ですから、ローン申請は申し込めば必ず通る。
といった甘い感じではありません。
不可。
という場合もあり得ます。
一般的な基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上が最低の判断基準ラインと言われています。
今後、フラット35住宅ローンを利用する予定のある方、利用中の方もこれから紹介する情報を聞くか聞かないかで10年後に全く変わる試さないと損をする節税の方法をお教えしたいと思います。
申請するのとしないのでは年間約30万円も違うので、今からでも条件に当てはまるか確認してみて下さい。
条件としては、自分の住むための家を新しく建てた方、或いは、中古住宅を買取りされた方になるっていうしね!そして最低でも10年以上のローン期間があることが条件です。
個人情報を提示したりする場合もあるのできちんと確認してから、今より節約できるとこれからずっと楽になるでしょう。
もしも、住宅ローンを返済中に失業してしまったら未完済のまま終わってしまうのでしょうか。
何があるか分らないので、把握しておきましょう。
まずは、焦らずに自分が今置かれている状況を把握しましょう。
リストラされた原因が私にあるのか、それとも会社側の理由なのか内容により給付金の額が大きく変わってくるためです。
会社側の都合であれば、1年間は失業手当が出ますので再度、就職するために探しながら返済もしていけると良いですね。
注意すべきは一度の延滞でも強制的に破綻させれる事もあるので、優先順位を考えて行動するようにしましょう。

住宅ローン返済が困難な時の相談は?銀行と交渉!【どこに行けばいい?】