モビットのおまとめローンの2ch審査を徹底検証

おまとめローンに申し込んでみたものの審査に落ちたという人はいませんか?その原因を究明しなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性があります。

おまとめローンは年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額などが審査されこれらの条件が問題が無ければ審査をクリアすることができます。

年収は多い方がもちろん有利となりますが、肝心なことは借入総額とのバランスである程度の範囲に収まっていれば返済可能と判断されることが多いようです。

公務員や大企業の社員で勤続年数が長いほど評価が高く個人事業主の方や入社1年未満という方は評価は低いです。

個人信用情報は過去・現在の借金状況を審査される項目でこれまでに自己破産や返済の遅延あった人、複数社から借り入れがある人は、審査が厳しくなります。

おまとめローンとは何件もの金融業者から借金をしている人が既に借り入れているローンを一括返済するために新たに借り入れるためのローンです。

複数の金融業者からお金を借りれいると何回も返済日があるので残高の管理が大変です。

与信枠が低いと高い金利になり不利ですから何件ものローンをまとめて1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

反面、おまとめローンを希望する人は多重債務者ですから審査基準が厳しいなど、困難なことが多くなります。

おまとめローンという商品を提供している金融機関もありますので専門の商品なら審査に通る確率は高いですね。

複数の借入れがあってもおまとめローンを使えば1本化できるので毎月何回もあった引き落とし日が1日になるので残高管理が楽になります。

おまとめローンにも一般のカードローンと同じ審査がありますが通常のカードローンよりも最大利用限度額が低く、最低金利は高い商品が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を実例で比較しますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

おまとめローンをどちらの金融業者から借り入れるにしても月々の返済を減額した場合は、返済期間が長期化することを忘れてはいけません。

返済期間が長期化すれば支払う利息も増えてしまうのでおまとめローンを利用する前よりも返済する金額は大きくなってしまいます。

銀行にはおまとめローンという商品は意外と少なく借り換えローンやフリーローンというサービスのほうが一般的です。

銀行には総量規制がないので与信枠内であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付になりますので、返済専用となります。

銀行のフリーローンの場合、事業用資金以外は使い途に制限はされませんが消費者金融のおまとめは貸金業の返済だけにしか使用できません。

銀行のおまとめローンは消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能ですが消費者金融のおまとめはというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行よりも条件は悪いことになります。

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行よりも審査に通りやすく審査結果や融資までの時間が圧倒的に早いというメリットもあります。

多重債務者を救済するための商品がおまとめローンですが利用件数が多すぎると審査に落ちてしまいます。

融資を受けている件数は3社で安全圏内、5社ではNGと言われていますがアウトな人の救済策を考えてみましょう。

真っ先に行う事は、これまでの返済状況の確認と借入先の社名と借入金額、残高の確認です。

完済できる借入先は整理すれば審査に有利になりますから利用可能額をかき集めて返済できるローンを完済してしまいましょう。

借入件数が多い人でも遅延や滞納などのトラブルがなければ返済に支障はないと判断されて審査を通過するケースも多いようです。

おまとめローンというものは複数の借入れ先を1つにまとめることができるローンで月々の返済額を低くすることができます。

毎月の返済額を減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますがおまとめローンを組んでも元本は変わりませんから返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長期化することで、その分金利も発生しますので返済する総額はおまとめする前と比較すると、増えることになるでしょう。

一方で、借入限度枠が大きい人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンを組んだ際に、高い与信限度額で無事承認されれば、現在よりもずっと低金利で融資を受けられることになります。

そのため、おまとめローンでどれくらい金利を抑えられるのかということをきちんとシミュレーションしておけば返済総額を増やすことなく、毎月の返済も楽にすることが可能になります。

おまとめローンを利用すると利息を減らすことができると言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしているためです。

おまとめローンによって利息が減るのかどうかは申し込む前に金利の計算をして本当に得になるのかきちんと確認しておく必要があります。

おまとめローンという商品を扱っている金融機関では自社のホームページに返済シミュレーション設置している所が大半です。

利用中のローン会社の金利や借入額を入力するだけでおまとめローン後の毎月の返済額や返済増額が瞬時に表示されますから簡単に比較することができます。

消費者金融と比べて銀行のおまとめローンの方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションで正確な金利計算をすることが大切です。

参照:モビットおまとめローン審査は?借金一本化は?【総量規制対象?】

マイカーローンの返済期間は平均5年から7年となりますのでショッピングローンとしては長い方ですが自動車自体が高額商品になりますので毎月の返済額が高くなるのは否めません。

転職などで収入が減ってしまうと毎月のローンの返済の負担が大きくなりますのでマイカーローンを含めたおまとめローンを検討するという可能性が出てくるかもしれません。

銀行のおまとめローンならその発想も有効なのですが消費者金融は、マイカーローンのおまとめはできないかもしれません。

と言うのも、消費者金融のおまとめローンというものは貸金業者からの借入れ金を1つにまとめるものなので銀行から借り入れたマイカーローンは利用対象外なのです。

信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠であれば対象となりますがショッピング枠でマイカーローンを組んだ場合は利用することはできません。

おまとめローンは複数の消費者金融などから借り入れしている人が借入先を整理するために新規の借入先を見つけて既存の借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというのは既存の金利よりも低い金利のローンから借り入れることで今までの借金を一括返済し、借金を一本化した状態で返済していくことになります。

両者は金融上の定義づけは違うのですが、厳密に区別されるといったことはなくおまとめローンという商品名で提供していても、実態は借り換えローンという金融機関も多いです。

消費者金融は金利が高いことが多く、一方銀行は審査が厳しいというのが一般的ですがどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得かというとどちらとも言い切れません。

消費者金融のおまとめローン、借り換えローンは追加融資ができないのに対し銀行の場合はフリーローンが多いので、一般的なカードローンと同様に限度枠内であれば追加で借り入れや返済が可能です。

住宅ローンを借りる場合、カードローンを利用していると審査に通り辛くなるという話を聞きますが返済負担率さえ問題が無ければ、カードローンを利用していても不利になるとは限らないという意見もあります。

そうはいっても、お金に困っているからカードローンを利用しているのは明白ですから住宅ローンの審査までにカードローンを解約しておくことをおすすめします。

複数から借り入れている多重債務者の場合はおまとめローンを利用して借入先を1本化することが最優先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの融資は難しいだろうと考える人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納なく返済していればプラス評価になります。

更に住宅ローン利用者には優遇金利が適用される場合もあるので優良顧客という自信がある場合、同じ金融機関で住宅ローン審査の審査を受けてみてはいかがでしょうか。